重複している内容もあるかもしれませんが、この手の書籍は数頁いや数行でも参考やら刺激を受ける内容があれば良しと個人的にはしております。

余談ではありますが、日経BPからの出版というところに意外性も感じております。