株式投資においては、序盤はPOであるプリマハムの獲得株数と値動きになりますでしょうか。
現時点では両建て含め、純カラも仕掛けておりません。

最近は地合いが強いので獲得株数の半分から1/3は放置も一考かと思っております。

中盤はIPOが再開されておりますのでスマートバリュー、マーケットエンタープライズ、デジタル・インフォメーション・テクノロジーの獲得を第一にしており、セカンダリーにおいては、上昇スター銘柄をいつもの手法で約定し、セミナーでもお話している環境での売りというのがやはり最強でないかと考えております。

また、既に仕込み済みの6月優待銘柄の値動き、ノーリスクのカブコムの一般信用取りは機械的に多少昨年のデータを参考にして、リモートデスクトップ環境で堅く獲得したいところであります。

FX投資については、ドル円を追い続け、下がれば他の通貨共々、刻みでロング購入でありますでしょうか。

特に私の場合、ニュージーランド、トルコリラについては、ポジションも少ないこともあり、下がってもストレスなく、買い向かえると考えております。

不動産投資については、修繕の発生がないよう願いつつ、何とかマイソクチェックをして、現地調査やら指値までいける物件との出会いが欲しいところであります。



人気ブログランキングへ