株式投資においては、しばらくIPOのリリースがないと予想されていることから、直近IPOが物色される可能性が高いと考えており、初値を奪還できない下値をつけている銘柄やVCの売りがおさまった銘柄あたりを監視してみたいところである。

銘柄の選定にあたっては、多少なりともチャートや出来高の判断も入れますが、手っ取り早く、ファンドの買いや著名やら影響を与える投資家のポジショントーク、あるいは投資雑誌に掲載される直近IPO銘柄は2番煎的な戦略で素直に追随したいところであります。

個人的に注目している銘柄は、早速、金曜日に上場した6044.6045と今週上場銘柄の914.3915.6048あたりで、このあたりからもスター銘柄が出る可能性もあるのではないかと考えている。

また、安定的な小遣い稼ぎで金曜日にリリースのあった3309のPOは、こちらのブログのとおり、おさえておきたいところでりあります。

あわせて、5月、6月優待を暴落とまでは行かなくても下がれば拾っていきたいところであります。

いずれにしろ、組みやすいIPOが不在となることから、やはり来月はザラバでの勝負が明暗を分ける感があります。

まあ、一番はJACK勝負銘柄の株式選抜レースでもリリースしている銘柄が爆騰すれば問題がないのですが、なかなか時間がかかっております。


FX投資においては、引き続き、こちらの環境でNZドルをスワップ狙いを90円割れから指値で仕込むことと、やや苦戦というかストレス水準のあるトルコリラはこちらのブログのとおり買い向かってみたいところであります。


不動産投資においては、ややお休みモードというところですが、福岡での講演はパネルディスカッションが予定されていることから、逆に近況やら今後の戦略をいろいろ尋ねてこようと思っております。



人気ブログランキングへ